最新情報

2018.12.19

大渕野々花・FLOWLIGHTの活動辞退についてのご報告とお詫び

大渕野々花・FLOWLIGHTの活動辞退についてのご報告とお詫び

いつもFLOWLIGHTへのご声援いただき誠にありがとうございます。
Nonoka(大渕野々花)ですが、体調不良でイベントを休演させて頂いておりますが、
以前から本態性低血圧と診断されている中、学業とユニット活動の両立で心身共に負担がかかったことで、動けない日もある状況です。

そういった状況を踏まえ、FLOWLIGHT運営の弊社と、大渕野々花・所属事務所のジャスティスジャパンエンターテイメントに加え、
親御様との協議の結果、今後の活動は全て不参加とし、FLOWLIGHTとしての活動を終了し卒業する事となりました。

尚、誠に恐縮ですが、本人の状況を考慮いたしますと卒業公演を開催する事が出来ず、この発表をもって卒業とさせて頂きます。
皆様には直接本人よりお礼をする場を作れず、大変申し訳ございませんが、ご理解頂けますと幸いです。
また、12月より開始いたしましたポイントカードにつきましても参加が難しい状況にあるため、特典関係で大渕が参加する部分を変更させて頂きます。
あまりにも急なご報告になってしまい、変更内容につきましては、精査しきれていない状況でございますので、追ってご報告させて頂きます。

急な発表になりました事、ご心配とご迷惑をおかけし申し訳ございません。
また、ワンマンライブ、リリースなど楽しみにしてくださっていたファンの皆様にはお詫びの気持ちで一杯です。
誠に申し訳ございません。

今後の活動に関しましては、当面Kotono(佐藤琴乃)とHazuki(木村葉月)の二人での出演とさせて頂きます。

Nonoka(大渕野々花)の不参加に伴い、キャンセル希望の方は下記のご対応をお願い致します。
通常のご予約済みのイベントでキャンセルの場合は
12/20(木)【桃色革命 鈴木咲良生誕祭】@渋谷Gladに関しましてはHP予約など予約済みのお客様はそのままご来場されなかった場合自動キャンセルで問題ございません。
それ以降のHP予約に関しましても、同様にご来場しなかった場合、自動キャンセルで問題ございません。

12/23(日)【eyesFLOWLIGHT合同ファンミーティング-東京編-】@赤坂グラフィティ
1/12(土)【eyesFLOWLIGHT合同ファンミーティング-関西編-】@尼崎BLANTON
に関しましては、席数が限られているためキャンセル希望の方は、お手数ですが、tigetよりキャンセルの手配をお願い致します。

12/24(月・祝)FLOWLIGHT ONEMAN LIVE【THREE ARROWS INFINITY】@恵比寿CreAtoに関しましては
チケット購入済みの方は、チケットと振込口座・ご連絡先を記載したメモを同封の上、
ーーー
〒661-0021 兵庫県尼崎市名神町1-12-11 名神ビル1F
株式会社エコーズエンターテインメント
FLOWLIGHTチケットキャンセル係
ーーー
までお送りください。
対象のチケット代と、郵送費として150円を合わせお振込させて頂きます。
日程がない中で大変恐縮ですが、12/23(日)消印まで有効とさせて頂きます。
公演日の12/24(月・祝)を過ぎた場合は払い戻しのご希望をお受け兼ねますので、ご理解の程何卒宜しくお願い致します。

応援して下さっているファンの皆様にはこのようなとても残念なお知らせをしなければならなかったこと、
また関わって頂いたすべての関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしてしまったことを改めて心よりお詫び申し上げます。

何卒宜しくお願い致します。

株式会社エコーズエンターテインメント
FLOWLIGHT運営
マネージャー・柴 正明

<大渕野々花より皆様へ>
平素よりFLOWLIGHT、
並びに私 大渕野々花を
応援してくださっている皆様へ。

この度、私は当ユニットから
離れることになりました。

私の状況は長らく、運営さんの記述の通りでした。それでも、やはり来週月曜に迫った2ndワンマンライブとその準備、年内と年明けに出演予定のイベントはこなすべきだと判断しておりました。

しかし、心身不調の上での学業との両立は難しく、このように断念せざるをえなくなってしまい、大変申し訳ありません。

規模が異なるとしても、場を作ってくださる方やお客様がいる以上、イベントの重要性に差異はありませんが、ワンマンライブや関西遠征を楽しみにしてくださっていた方々には申し訳も立ちません。

極めて私的な話もいたしますと、不調に気が付いた時期から自身の学習状況に疑問を抱くようになり、見つめ直した結果、学業を全うしなくてはならない理由も明確になりました。正直、成績に関しては出席面でギリギリのところにいます。このように今冬から挽回を図らなくてはならない背景からも、誠に勝手ながら、病症が顕著になったこのタイミングで身を引かせていただくことになりました。

お顔やアカウント名が浮かぶほどに応援・時にはご心配までしてくださった皆さま、ステージを共有した共演者の皆さま、各所でお世話になりました関係者の皆さま、今まで本当にありがとうございました。

感謝と謝罪の言葉を直接お伝えしないことへの償いにはなりませんが、厚く御礼申し上げます。

皆さまと過ごした日々を財産にできるかは
今後の自身の生き方次第だと思います。
先述しました学業の完遂も含め、
この1年2ヶ月の経験を無駄にせぬよう
精一杯、歩を進めてまいります。

そして最後に、
FLOWLIGHTの今後にご期待ください。
変わらずのご声援、さらなるご声援を、
彼女たちへよろしくお願いいたします。

それでは、失礼いたします。

2018年12月19日
大渕 野々花

NEWS PAGE